2016年01月30日

ゼロ!戦FX



FXはゼロ戦で攻略

DLmarketで購入

【零戦FX 】
(↑販売ページに飛びます)

DLmarketで購入
【FXにおける経済のすべて SS】

(↑販売ページに飛びます)



DLmarketで購入
【FXの経済のすべて SS 基礎編】

(↑販売ページに飛びます)


【零戦FX FXの経済のすべて セット版 基礎編含まない】
(↑販売ページに飛びます)

【零戦FX FXの経済のすべて セット版 (基礎編含む) 】
(↑販売ページに飛びます)


ただ今私の商材のほう購入していただいた方専用のサイトを作りました。
そこでは、ここよりもっと詳しい内容の情報や最新の業者情報などなど
FXに関するあらゆる最新情報を書いています。

●お知らせ

新 零戦のほう販売しました!
ゼロ戦のバージョンアップ版です
かなりみやすくなったと思います。



{現在のポジション} 

なし

まさかのマイナス金利ですよ

正直びっくりしました

選択肢の中にはあったのですが、まさかやってくるとは思いもしませんでした

マイナス金利自体はまた後日詳しく書きたいと思いますが

それ自体はそこまで大きな効果はないと思います

ただし、今回の目的は達成したといえ、黒田さんは実に上手くやったなぁと

感心しています

今回は書いていたように、国債買取額を増やすことは出来るだけやりたくない、後に

とっておきたい、でも今回何もしなければ、失望で暴落してしまう、ではどうするかという

ことだったのですが、国債買取額を増やさず、暴落させない方法ということで

マイナス金利で上手にのりきったと言えます。

マイナス金利自体がどうこうということが目的ではなく、今回暴落させない

ことが目的だったのではと思います

さて、肝心のFXのほうなんですが

凄まじかったですね、ポンド円でまず、落ちてきたところ

172、40で買いました。そのままこれは楽勝かと思ったら、

ロンドン時間落ちてきて、ストップにかかってしまいました。

あせったのですが、もう一度172、50で買いました。

今度こそと思ったら、夜中に思いっきり落ちてきて

またまたストップにかかってしまいました

2回ストップにかかった挙句、2回とも思いっきり滑り、

結局あんなけボラがあったにもかかわらず、滑らされた分

数PIPSですがマイナスになってしまいました

2回あわせて一時は300PIPSほどプラスになっていただけに

利食いしとけばよかった、、、

マイナス金利についてマーケットがどう評価するのかが

イマイチわからなかったのに、ある程度のところで利食いしなかったのは

自分の判断ミスといいますか、今回は自分も勉強になりました。

来週は経済指標がたくさんあり

やはり雇用統計が中心だとは思いますが

このところのアメリカの指標の悪いこと悪いこと

通常は利上げ要因がでると、ドル高になるのですが、

最近はアメリカ指標が悪い⇒利上げ延期⇒ドル高という

妙な構造になりつつあります。

逆に指標がいいとドル売り傾向

そういう意味で、ADPやISMなどは非常に注目だと思います



ゼロ戦が零戦に大幅パワーアップして、戻ってきました。

(この販売ページがマニュアル代わりになりますので、よく読んでくださいね)

前までのゼロ戦は意識されるところをラインではなく、
幅で示すというものでした。


今までのゼロ戦(図)



新しい零戦では、強く意識されるところ(色塗り幅)と

2箇所以上意識されている抵抗ライン(色なし幅に
分けて表示するようにしました。


↓新 零戦














あまりお勧めしませんが、それでもわからないという方のために右下に矢印サインもつけました。
(ただし、私自身はこういった矢印サインは反対ですし、このサインは見ておりません)


それから、私自身のトレードの仕方も試行錯誤を重ね、ある時点から以前とは変わっています

一番最初のころはゼロ戦を使って、スキャル中心でした。

今現在落ち着いた方法は、

@エントリーする方向はファンダメンタルで決める(買いか売りか)

A実際にエントリーする場所は
零戦の意識されている場所を見て、判断する。
(ただし、例外が1つだけあります。
経済指標やファンダメンタル要因で動く場合は
零戦のインジを見ず、すぐにエントリーすることがあります。)



例えば、要人発言で来月利下げする可能性が高いと発言があれば、
私なら、すぐに売りでエントリーします。
こんな場合は、経済的に見て、どう見ても売りにいくはずです。
つまり、こういうケースはいかに普段から経済を勉強していて、
とっさに判断できるかがものをいいます。

まとめると

●FXにおける経済のすべて

  ↓

ファンダメンタルで上か下か、買いか売りかの方向を決める。


●零戦FX 

  ↓

方向を決めた後で、実際にエントリーをどこでするかを零戦で決める。



新しい零戦は売買の方向を決めるためのものではありません、
相場の局面を一目で把握するためのツールです。


時間足は15分、30分、1時間、4時間の4つを常に同時に表示させています。
日足は朝起きたら、真っ先にチェックしています。

ストップはエントリーと同時に必ず入れ(10PIPS前後)
利食いはファンダメンタルで通常は判断します

購入後について


購入していただいた後には
1人1人個人認証制をとらせていただいております。

商材の偽者などの販売が出回っているようですが
そちらで間違って購入してしまった場合、

肝心の大切なFXのマニュアル(ツール)は見れませんので
(PDFはあくまで基礎的なものであり、大切な部分は購入者専用ブログにあります)
お金をドブに捨ててしまうことになりますので
ご注意ください。

なおツールにつきましては
『あなたの個別パスワード』と『記号化したあなたの「お名前」』
をインジケーター内にプログラミング設定させていただきます。
(個別認証より最大3日ほどお時間をいただく場合があります)
(もし楽天決算される方はお名前が表示されませんので、別途後にお名前を送っていただきますようお願いします。)

さらに、口座アカウントを登録していただき、1人1個のMT4でしか使えない使用になっています
同時使用は不可能となっています。
プラス、インジをデコンパイルや分解しようとすると、中のパラメーターがめちゃくちゃになり
使用できなくなるようにプログラミング設定してあります。
お金をドブに捨てるだけでもったいないので、ご注意ください。




前より、お知らせさせていただいておりました、経済のレポートが完成しました

タイトルは

FXにおける経済のすべて SS

となります。

マクロ経済についてで、FXの判断も出来るようになっています。
(ミクロ経済については書いていません、FXにおいて、ミクロ経済は必要ありません)

もちろん経済って言うと、難しそうですが、販売ページにもありますとおり

中学生、高校生の方でもわかるぐらいの簡単な文章と例で書きました。

FX、そして、経済の政策判断は実はたったの3つのことがわかればOKなんです。

2つの法則と、その法則を図にしたもの。この3つだけです。

しかもその2つの法則は、文章にして、それぞれたった1行です。

私自身このブログで書いている事は、この3つのことにしたがって

判断しています。

後は日々、経済指標の数字やニュースを追っていけばいいだけです。

これらを難しい文章で書いてる方はそれなりに最近はおられるのですが

ここまで簡単な文章と、図で書いてあるのは他にないと思います。

● FXの転換点付近がわかるようになる

● マクロな経済の政策判断が自分自身で出来るようになる。

● FXをやっておられる方だけでなく、経済学部の学生さんや政治家志望の方も必見です。

お値段の方29800円に設定させていただきました。

少しお値段しますが、他にここまでわかりやすいものはないと思います。

経済関係の本を何百冊読む時間と労力を考えれば、これ1冊でOKです

しかもこの経済法則はかなりの昔から一貫しているので

今後も変わることがありません。

この法則を知った後、江戸時代や他の世界の経済を勉強してみると

とても面白いですよ。

江戸時代の3大改革ありましたよね。

享保、寛政、天保の改革が3つもなぜ失敗したのか?

実は上の3つは民主党のときの経済政策とまったく同じ質のものって

知っていましたか?大失敗だったわけです。

こんなこともわかっちゃいます。

さらに詳しくは↓こちらが販売ページになります。
DLmarketで購入
【FXにおける経済のすべて SS】



ゼロ!戦FXに興味はあるけど、値段とかいろいろ確認したいという方は
↓こちらから販売ページに飛びます。
【零戦FX 】
【零戦FX FXの経済のすべて セット版】
【FXにおける経済のすべて SS】



今何位?→人気ブログランキングへ
1日1クリック
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

応援のほうよろしくお願いいたしますm<_ _>m










posted by まこと at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

ゼロ!戦FX



FXはゼロ戦で攻略

DLmarketで購入

【零戦FX 】
(↑販売ページに飛びます)

DLmarketで購入
【FXにおける経済のすべて SS】

(↑販売ページに飛びます)



DLmarketで購入
【FXの経済のすべて SS 基礎編】

(↑販売ページに飛びます)


【零戦FX FXの経済のすべて セット版 基礎編含まない】
(↑販売ページに飛びます)

【零戦FX FXの経済のすべて セット版 (基礎編含む) 】
(↑販売ページに飛びます)


ただ今私の商材のほう購入していただいた方専用のサイトを作りました。
そこでは、ここよりもっと詳しい内容の情報や最新の業者情報などなど
FXに関するあらゆる最新情報を書いています。

●お知らせ

新 零戦のほう販売しました!
ゼロ戦のバージョンアップ版です
かなりみやすくなったと思います。



{現在のポジション} 

なし


今日はなんと言っても日銀発表ですね

とても大切なので、前からいろんな方からもリクエストが多々あり

購入者専用ページはどんな感じなんですか?という質問がたくさん来ていましたので

今日だけ特別に今日の分を公開します。

指標スケジュールの下に載せておきましたので見てくださいね。

ただし、専用マニュアルを読んでいないとわからないであろう経済の言葉や

政策などはそのまま載せていますので、説明などはご勘弁ください。


8,50 日本 失業率

9,30 オージー PPI

お昼ごろ 日銀発表

19,00 ユーロCPI

22,30 アメリカGDP

23,45アメリカ シカゴ

24,00アメリカ ミシガン


!購入者専用ページ、今日の分!↓

今日はなんと言っても日銀発表が大一番です

端的にいえば、追加緩和があるのかないのかですが、その中身を詳しく見ていきましょう

まずは前前回までの内容

@現在年間80兆円国債買い入れ額

A年間3兆円のETFと900億円のREIT買入れ枠

そして、前回12月の内容

国債購入の平均残存期間を来年から現在の7ー10年程度から7−12年程度

ETFでは新たに年間約3000億円の枠を設け来年4月から開始する方針

J−REITの銘柄別買い入れ限度額は、5%以内から10%以内にする。



という内容で、失望売りになりました

で、今回はどうか

一番最初に確認していただきたいことは

@現在年間80兆円国債買い入れ額

これが、据え置きなのか、80兆から増えるのかどうかです

例えば80兆→100兆 円ストレートは上に上がる可能性大
(ただし、前回、前々回ほどの効果はないと思われる、財政出動を伴わない金融緩和は
アメリカ、ユーロ、今の日本を見てもわかるとおり、効果がさほどなく、持続しないことを
織り込んできている、この場合の効果とはインフレ率の上昇を示します)

据え置きだった場合は円ストレートは下に下がる可能性大です

仮に、国債買い入れ高が据え置きで、他のETFなどの買い入れ増額などがあった場合でも
初動は上にいくかもしれませんが、前回と同じで、失望売りにつながる可能性が高いと思います

日銀的にはかなりの葛藤状態であるといえると思います

なぜなら、追加緩和は出来るだけ温存しておきたいはずです、こんなところでは使いたくないはず
7月に参議院選挙がありますし、もし消費税増税を10%へするのであれば
ものすごく景気が悪くなりますし、世界情勢も不安的な中、おそらくこれが最後になるであろう
追加緩和は取っておきたいはず

でも、その一方で実は3月に日銀の人事異動があります
もしここで緩和反対派の方が入ってしまうと、選挙も何も、多数決で緩和自体が出来なくなってしまいます
そんなの安倍首相の政治力でなんとでもなるだろうと思われるかもしれませんが

安倍首相の政治基盤はものすごく弱く、いわゆる抵抗勢力のほうが圧倒的に力を持っています
その象徴が

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015122700138&g=pol

こちら、本田内閣官房参与は安倍首相と仲がよく、(一緒にゴルフもいっています、念のためいっておきますが、
遊びに行っているわけではありません、これは政治なので、何をしているかではなく、誰といったかが大事で
国民へのメッセージとなっています、現実にこのとき周りの証言で、消費税の話をしています)

数少ないまともな経済政策がうてるかたで、私のマニュアルにもありますとおり、デフレ不況下で
増税すれば、景気は悪くなるから、絶対反対で一生懸命動いてくださった方なのですが
案の定政治上の権力で安倍首相は負けてしまい、欧州に飛ばされることになってしまいました。

そうです、一言で言えば左遷です。
ですから、日銀人事も緩和賛成派を入れれるとは限らないのです。

そういったギリギリのところで黒田総裁はじめどういった判断をするのか見ものです
どっちの結果だとしても、大荒れに荒れることは間違いないので、方向さえ間違わなければ
チャンスになると重います。




ゼロ戦が零戦に大幅パワーアップして、戻ってきました。

(この販売ページがマニュアル代わりになりますので、よく読んでくださいね)

前までのゼロ戦は意識されるところをラインではなく、
幅で示すというものでした。


今までのゼロ戦(図)



新しい零戦では、強く意識されるところ(色塗り幅)と

2箇所以上意識されている抵抗ライン(色なし幅に
分けて表示するようにしました。


↓新 零戦














あまりお勧めしませんが、それでもわからないという方のために右下に矢印サインもつけました。
(ただし、私自身はこういった矢印サインは反対ですし、このサインは見ておりません)


それから、私自身のトレードの仕方も試行錯誤を重ね、ある時点から以前とは変わっています

一番最初のころはゼロ戦を使って、スキャル中心でした。

今現在落ち着いた方法は、

@エントリーする方向はファンダメンタルで決める(買いか売りか)

A実際にエントリーする場所は
零戦の意識されている場所を見て、判断する。
(ただし、例外が1つだけあります。
経済指標やファンダメンタル要因で動く場合は
零戦のインジを見ず、すぐにエントリーすることがあります。)



例えば、要人発言で来月利下げする可能性が高いと発言があれば、
私なら、すぐに売りでエントリーします。
こんな場合は、経済的に見て、どう見ても売りにいくはずです。
つまり、こういうケースはいかに普段から経済を勉強していて、
とっさに判断できるかがものをいいます。

まとめると

●FXにおける経済のすべて

  ↓

ファンダメンタルで上か下か、買いか売りかの方向を決める。


●零戦FX 

  ↓

方向を決めた後で、実際にエントリーをどこでするかを零戦で決める。



新しい零戦は売買の方向を決めるためのものではありません、
相場の局面を一目で把握するためのツールです。


時間足は15分、30分、1時間、4時間の4つを常に同時に表示させています。
日足は朝起きたら、真っ先にチェックしています。

ストップはエントリーと同時に必ず入れ(10PIPS前後)
利食いはファンダメンタルで通常は判断します

購入後について


購入していただいた後には
1人1人個人認証制をとらせていただいております。

商材の偽者などの販売が出回っているようですが
そちらで間違って購入してしまった場合、

肝心の大切なFXのマニュアル(ツール)は見れませんので
(PDFはあくまで基礎的なものであり、大切な部分は購入者専用ブログにあります)
お金をドブに捨ててしまうことになりますので
ご注意ください。

なおツールにつきましては
『あなたの個別パスワード』と『記号化したあなたの「お名前」』
をインジケーター内にプログラミング設定させていただきます。
(個別認証より最大3日ほどお時間をいただく場合があります)
(もし楽天決算される方はお名前が表示されませんので、別途後にお名前を送っていただきますようお願いします。)

さらに、口座アカウントを登録していただき、1人1個のMT4でしか使えない使用になっています
同時使用は不可能となっています。
プラス、インジをデコンパイルや分解しようとすると、中のパラメーターがめちゃくちゃになり
使用できなくなるようにプログラミング設定してあります。
お金をドブに捨てるだけでもったいないので、ご注意ください。




前より、お知らせさせていただいておりました、経済のレポートが完成しました

タイトルは

FXにおける経済のすべて SS

となります。

マクロ経済についてで、FXの判断も出来るようになっています。
(ミクロ経済については書いていません、FXにおいて、ミクロ経済は必要ありません)

もちろん経済って言うと、難しそうですが、販売ページにもありますとおり

中学生、高校生の方でもわかるぐらいの簡単な文章と例で書きました。

FX、そして、経済の政策判断は実はたったの3つのことがわかればOKなんです。

2つの法則と、その法則を図にしたもの。この3つだけです。

しかもその2つの法則は、文章にして、それぞれたった1行です。

私自身このブログで書いている事は、この3つのことにしたがって

判断しています。

後は日々、経済指標の数字やニュースを追っていけばいいだけです。

これらを難しい文章で書いてる方はそれなりに最近はおられるのですが

ここまで簡単な文章と、図で書いてあるのは他にないと思います。

● FXの転換点付近がわかるようになる

● マクロな経済の政策判断が自分自身で出来るようになる。

● FXをやっておられる方だけでなく、経済学部の学生さんや政治家志望の方も必見です。

お値段の方29800円に設定させていただきました。

少しお値段しますが、他にここまでわかりやすいものはないと思います。

経済関係の本を何百冊読む時間と労力を考えれば、これ1冊でOKです

しかもこの経済法則はかなりの昔から一貫しているので

今後も変わることがありません。

この法則を知った後、江戸時代や他の世界の経済を勉強してみると

とても面白いですよ。

江戸時代の3大改革ありましたよね。

享保、寛政、天保の改革が3つもなぜ失敗したのか?

実は上の3つは民主党のときの経済政策とまったく同じ質のものって

知っていましたか?大失敗だったわけです。

こんなこともわかっちゃいます。

さらに詳しくは↓こちらが販売ページになります。
DLmarketで購入
【FXにおける経済のすべて SS】



ゼロ!戦FXに興味はあるけど、値段とかいろいろ確認したいという方は
↓こちらから販売ページに飛びます。
【零戦FX 】
【零戦FX FXの経済のすべて セット版】
【FXにおける経済のすべて SS】



今何位?→人気ブログランキングへ
1日1クリック
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

応援のほうよろしくお願いいたしますm<_ _>m










posted by まこと at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

ゼロ!戦FX



FXはゼロ戦で攻略

DLmarketで購入

【零戦FX 】
(↑販売ページに飛びます)

DLmarketで購入
【FXにおける経済のすべて SS】

(↑販売ページに飛びます)



DLmarketで購入
【FXの経済のすべて SS 基礎編】

(↑販売ページに飛びます)


【零戦FX FXの経済のすべて セット版 基礎編含まない】
(↑販売ページに飛びます)

【零戦FX FXの経済のすべて セット版 (基礎編含む) 】
(↑販売ページに飛びます)


ただ今私の商材のほう購入していただいた方専用のサイトを作りました。
そこでは、ここよりもっと詳しい内容の情報や最新の業者情報などなど
FXに関するあらゆる最新情報を書いています。

●お知らせ

新 零戦のほう販売しました!
ゼロ戦のバージョンアップ版です
かなりみやすくなったと思います。



{現在のポジション} 

なし

起きたら3時55分でした

危ない、危ない

FOMC前に全部利食いしました

で、肝心の内容は

据え置きで、特にたいした内容はなし

はっきりいってなんとも言えない中途半端な内容

明日に日銀発表を控えての1日ですが

ポンドにとってはなんと言っても

GDPこれがすべてだと思います

速報値なので予想より乖離が大きければ大きいほど

かなり動くと思います。

今日はこのGDPにすべてを注ぎたいと思います

何気に独 CPIも大切です

3月に追加緩和をユーロがおこなうかどうかの判断基準の1つになるので

きちんと見ておきたいところです


18,30GBP GDP

22,00独 CPI

22,30アメリカ指標


ゼロ戦が零戦に大幅パワーアップして、戻ってきました。

(この販売ページがマニュアル代わりになりますので、よく読んでくださいね)

前までのゼロ戦は意識されるところをラインではなく、
幅で示すというものでした。


今までのゼロ戦(図)



新しい零戦では、強く意識されるところ(色塗り幅)と

2箇所以上意識されている抵抗ライン(色なし幅に
分けて表示するようにしました。


↓新 零戦














あまりお勧めしませんが、それでもわからないという方のために右下に矢印サインもつけました。
(ただし、私自身はこういった矢印サインは反対ですし、このサインは見ておりません)


それから、私自身のトレードの仕方も試行錯誤を重ね、ある時点から以前とは変わっています

一番最初のころはゼロ戦を使って、スキャル中心でした。

今現在落ち着いた方法は、

@エントリーする方向はファンダメンタルで決める(買いか売りか)

A実際にエントリーする場所は
零戦の意識されている場所を見て、判断する。
(ただし、例外が1つだけあります。
経済指標やファンダメンタル要因で動く場合は
零戦のインジを見ず、すぐにエントリーすることがあります。)



例えば、要人発言で来月利下げする可能性が高いと発言があれば、
私なら、すぐに売りでエントリーします。
こんな場合は、経済的に見て、どう見ても売りにいくはずです。
つまり、こういうケースはいかに普段から経済を勉強していて、
とっさに判断できるかがものをいいます。

まとめると

●FXにおける経済のすべて

  ↓

ファンダメンタルで上か下か、買いか売りかの方向を決める。


●零戦FX 

  ↓

方向を決めた後で、実際にエントリーをどこでするかを零戦で決める。



新しい零戦は売買の方向を決めるためのものではありません、
相場の局面を一目で把握するためのツールです。


時間足は15分、30分、1時間、4時間の4つを常に同時に表示させています。
日足は朝起きたら、真っ先にチェックしています。

ストップはエントリーと同時に必ず入れ(10PIPS前後)
利食いはファンダメンタルで通常は判断します

購入後について


購入していただいた後には
1人1人個人認証制をとらせていただいております。

商材の偽者などの販売が出回っているようですが
そちらで間違って購入してしまった場合、

肝心の大切なFXのマニュアル(ツール)は見れませんので
(PDFはあくまで基礎的なものであり、大切な部分は購入者専用ブログにあります)
お金をドブに捨ててしまうことになりますので
ご注意ください。

なおツールにつきましては
『あなたの個別パスワード』と『記号化したあなたの「お名前」』
をインジケーター内にプログラミング設定させていただきます。
(個別認証より最大3日ほどお時間をいただく場合があります)
(もし楽天決算される方はお名前が表示されませんので、別途後にお名前を送っていただきますようお願いします。)

さらに、口座アカウントを登録していただき、1人1個のMT4でしか使えない使用になっています
同時使用は不可能となっています。
プラス、インジをデコンパイルや分解しようとすると、中のパラメーターがめちゃくちゃになり
使用できなくなるようにプログラミング設定してあります。
お金をドブに捨てるだけでもったいないので、ご注意ください。




前より、お知らせさせていただいておりました、経済のレポートが完成しました

タイトルは

FXにおける経済のすべて SS

となります。

マクロ経済についてで、FXの判断も出来るようになっています。
(ミクロ経済については書いていません、FXにおいて、ミクロ経済は必要ありません)

もちろん経済って言うと、難しそうですが、販売ページにもありますとおり

中学生、高校生の方でもわかるぐらいの簡単な文章と例で書きました。

FX、そして、経済の政策判断は実はたったの3つのことがわかればOKなんです。

2つの法則と、その法則を図にしたもの。この3つだけです。

しかもその2つの法則は、文章にして、それぞれたった1行です。

私自身このブログで書いている事は、この3つのことにしたがって

判断しています。

後は日々、経済指標の数字やニュースを追っていけばいいだけです。

これらを難しい文章で書いてる方はそれなりに最近はおられるのですが

ここまで簡単な文章と、図で書いてあるのは他にないと思います。

● FXの転換点付近がわかるようになる

● マクロな経済の政策判断が自分自身で出来るようになる。

● FXをやっておられる方だけでなく、経済学部の学生さんや政治家志望の方も必見です。

お値段の方29800円に設定させていただきました。

少しお値段しますが、他にここまでわかりやすいものはないと思います。

経済関係の本を何百冊読む時間と労力を考えれば、これ1冊でOKです

しかもこの経済法則はかなりの昔から一貫しているので

今後も変わることがありません。

この法則を知った後、江戸時代や他の世界の経済を勉強してみると

とても面白いですよ。

江戸時代の3大改革ありましたよね。

享保、寛政、天保の改革が3つもなぜ失敗したのか?

実は上の3つは民主党のときの経済政策とまったく同じ質のものって

知っていましたか?大失敗だったわけです。

こんなこともわかっちゃいます。

さらに詳しくは↓こちらが販売ページになります。
DLmarketで購入
【FXにおける経済のすべて SS】



ゼロ!戦FXに興味はあるけど、値段とかいろいろ確認したいという方は
↓こちらから販売ページに飛びます。
【零戦FX 】
【零戦FX FXの経済のすべて セット版】
【FXにおける経済のすべて SS】



今何位?→人気ブログランキングへ
1日1クリック
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

応援のほうよろしくお願いいたしますm<_ _>m










posted by まこと at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする